エンジニアのキャリアスタート!監視業務こそ、ファーストステップに最高な理由を解説します

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。
 

先日こんなツイートさせていただきました。

実際オペレーター(監視)業務っていい様に利用できれば

エンジニアとしてスタートし始めるには最強の環境であることがわかります。

しかし、反対に怖い側面も存在しますので、今回は監視業務のメリットデメリットから、どのように活用していくのかを解説していきます。

 

監視業務はエンジニアの初めの一歩には最強です

エンジニアとしてやりたくない業務ランキング第一位「監視業務」

いろいろと研究した結果監視業務こそエンジニアとしてのファーストステップに最強の業務であることがわかりました。

また以下の記事では30代からのエンジニア転職について解説しておりますので合わせてごらんください。

転職に失敗している方向け!30代からのエンジニア転職!未経験転職希望者が捨てるべきこだわりは?

 

強味①:未経験OKで人手不足

監視業務は”未経験OK”です。

悪い言い方をしてしまうと、ITに関連する「だれでもできる業務」を日々こなしていきます。

そのため、業務の中で圧倒的なスキルアップを実現することは厳しいですが

窓口が広い分IT業界への参入にはピッタリです。

 

強味②:ITの業務経験が付く

IT未経験と経験者の差は「IT業界で1年以上の業務経験があるか」です。

業界の求人は大抵、「業界経験〇年以上」などと記載があるので

未経験の場合は就職活動や別現場への移動の際にすごく苦労します。

そういう意味では一年という経験をつけるには監視業務が最適なのです。

 

強味③:全員初心者

監視業務の方は大抵IT経験が浅い初心者の方たちばかりです。

全員が「初心者あるある」を経験しているため、業界未経験の方の視点から

いろいろなことを教えてもらうことが可能です。

例:Excel Word Outlook

などの基本的なことから、セクセルならマクロの組み方、アウトルックであればメールボックスの整理方法

など通常であれば「そんなのもできないのかよ?」っていわれるところを

「そうだよね、最初はわからないよね」って教えてくれるのでとても初心者に優しい環境といえます。

 

居心地がいいことがデメリット

監視業務は全体的に「言われた事しかやらない」業務が多いので

正直に言うとスキル的に「かなり楽」です。

しかし、居心地のよいその環境にしすぎるとあっという間に年数が経ってしまい

SEになる際に「いままでなにやってきたの?」と向上心の観点から疑われてしまうことになりますので

適度にスキルがついてきたら現場を変えてもらえるように交渉しましょう。

 

監視業務から圧倒的なスピードでSEになる

監視業務からであっても、ある事を意識するだけで圧倒的なスピードでエンジニアになることが可能です。

しかし、やはり居心地が良い分自分を自分を律する必要があることだけ意識しておきましょう。

 

監視業務は1年以上はやらない

監視業務をしていると居心地の良さから本来の目的である「IT経験1年以上になる」という目的を忘れてしまします。

そうなると本末転倒です。

本来の目的が一年間の業務経験をつけて”IT市場でステップアップするための試用期間”であることを忘れてはいけません。

なので、監視業務については1年以上はやらないことを意識しましょう。

 

空いている時間は勉強時間

監視業務は現場によっては空き時間が多く存在します。

その時間は”圧倒的な勉強時間”として活用しましょう。

「入口が広くストレス少く楽チンだけど成長できない」のが監視業務です。

ですので、業務中の休み時間や業務の合間の暇な時間はアプリで時間をつぶすのではなく

”資格の勉強””キータやテラテイル”などのリサーチ、また周辺のSEがどんな仕事をしているかなど勉強時間にあてるとよいです。

 

SEを観察する

監視業務をやっていると、その監視メンバーからの連絡をトリガー(きっかけ)にして業務をするSEが存在します。

その多くは運用・保守メンバーと言われている方達です。

運用・保守の方たちは立派なSEなので、日々の仕事の仕方やお客様との会話を盗み聞きして

知識や経験を得るのもとても良い戦略といえます。

 

 

未経験から監視業務に入るには?

監視業務は最強である理由を理解していただけたでしょうか?

監視業務は大体の人が未経験ですので、これからIT業界に入る人にとっては最強の市場といえます。

また監視業務に限ってはいきなりフリーランス(個人事業主)として業務に参加することも可能です。

 

フリーランスエージェントを活用する(推奨)

監視業務の場合 人気が無いからなのか

未経験であっても「フリーランス」として業務に入ることが可能です。

その場合、楽ちんなのに高額報酬を得ることが可能です。

上記を実現したい場合は、フリーエージェントを上手く活用すると良いでしょう。

 

SESに転職する(非推奨)

SES企業であれば、比較的転職がしやすいのと

とあるグループ企業では、「未経験者」ばかりを集めている企業をありますので

知識をつけるだけ!というマインドを常に持ちながら転職をするのもありかと思います。

 

ワタル的には

圧倒的に、フリーランスとして入ることをお勧めします。

楽して高額報酬

一年後には、SEとして高単価エンジニアをめざせるので

わざわざ転職をする必要もないでしょう

 

 

まとめ:フリーで監視業務に入るのが最強の初めの一歩である

監視業務は初めの一歩としてはかなり優秀な案件です。

ここで一年間の知識を経験をつけて

SEとしてステップアップをしていくと良いでしょう。

 

また、私もそれを経験したうちの一人です。

ユースケースを聞きたいからはぜひ私のLINE@からご連絡をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です