転職したい人におすすめの転職エージェント3選【比較表あり】

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・今の仕事が辛い・・・

・もっとよい待遇の会社があるのではないか

・でも転職エージェントってどう選べばいいのかな?

というお悩みを持っている方向けの記事を作成しました。

最近のトレンドとして、転職をして今よりよい待遇の会社に行くというのは当たり前の時代となりつつあります。

しかし、転職自体に悪いイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

ということで、今回は一般的な転職の知識と、転職はじめるにあたりおすすめのエージェントについて解説していきます。

<この記事をざっくり解説!>

この記事は転職に関する様々な情報とおすすめのエージェントを比較しながら解説します。

今回解説する内容

・転職ってしてもいいの?

 

・転職するべき業界とは

 

・俺的!おすすめするエージェントを比較してみた

この記事を読んでいる方は

・今の仕事が辛くて悩んでいる人

 

・より良い待遇を求めて転職をしようか検討している人

 

・転職エージェントで悩んでいる人

ではないでしょうか。

今の時代「転職をするのは当たり前」です。

バブル崩壊後の世代(40代)の約8割が転職を経験しているというデータもありますし、今や転職をしない方がおかしいといっても過言ではありません。

しかし、初めての転職であればどうやって転職を始めていけばいいのか分からない方と多いのではないでしょうか。

この記事では、そういった疑問にお答えすべく転職の基本知識、おすすめの業界、おすすめの転職エージェントまで解説しますので、この記事を最後まで読み、転職を成功させてより良い待遇や環境に行けるようにしていきましょう。

結論:おすすめの転職エージェントはこれ!

転職を行うにあたりおすすめのテージェントは以下です。

・リクルートエージェント

・doda

・ビズリーチ

これらの転職エージェントそれぞれに強みや特徴を持っていますから、あなたの状況に応じて登録するエージェントを選ぶことをおすすめします。

上記のエージェントは転職業界でも私る限りダントツで優良な転職エージェントですから一度登録して話を聞くだけでもメリットがあると思います。

私が今から転職活動をはじめるとしたらまずは上記のエージェントに登録して転職活動をはじめると思います。

是非、後述する特徴を確認し自分の目的に合った転職エージェントに登録してみましょう。

転職は今や当たり前の時代

転職は今や当たり前の時代になって生きております。

しかし、「転職ってしてもいいもの?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ということでこの章では、転職は当たり前の時代である理由について解説していきます。

転職をする人の割合とは

今や転職をする人の割合は2人に1人です。

その実態はリスクモンスター株式会社が行った「調査結果発表:第1回 「社会人の転職事情アンケート」調査(リスモン調べ)」で明らかになりました。

引用:第1回 「社会人の転職事情アンケート」調査(リスモン調べ)

転職経験の有無 あり なし
全体 56.6% 43.4%
男性 50.0% 50.0%
女性 63.2% 36.8%

「社会人の転職事情アンケート」のよれば、男性は約50%、女性は63.2%の割合で転職をしています。

より良い環境や働き方を求めて転職するのは一般的であることがわかりますね。

転職をする理由とは

転職をする理由は「人間関係」「給料」が多いようです。

その実態もリスクモンスター株式会社が行った「調査結果発表:第1回 「社会人の転職事情アンケート」調査(リスモン調べ)」で明らかになりました。

引用:第1回 「社会人の転職事情アンケート」調査(リスモン調べ)

転職理由 人間関係 給与 労働時間
全体 30.0% 26.9% 21.9%
やりがい スキルアップ 環境の変化
全体 19.1% 14.8% 14.5%

「社会人の転職事情アンケート」のよれば、「人間関係」と「給与」が理由が25%以上となっており、

ネガティブな要因として「人間関係の解消」を目的としている方が多く、

ポジティブな要因として「より良い給与を出してくれる企業へ行く」ことを目的としている方が多いようです。

転職をした後の収入は

転職後の年収は約68%が今の年収以上になっています。

その実態はエン・ジャパンが行った「「転職後の年収」調査」で明らかになりました。

引用:「転職後の年収」調査―「ミドルの転職」ユーザーアンケート―

転職後の年収 上がった 変化なし 下がった
全体 52% 16% 32%

エン・ジャパンが行った「「転職後の年収」調査」では約52%が上がったと回答しました。

転職を実施した人の2人に1人が年収アップを成功させています。

転職をする目的にもよりますが、基本的には今までのスキルを活かして転職をするのであれば年収が下がることは稀であるため積極的に転職にチャレンジしていきたいですね。

転職をするべき業種とは

転職をするにあたり、同じ業種で転職をした方がよいのか、別の業種で転職をした方が良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。

ということでこの章では、転職をするのであればおすすめの業界について解説していきます。

重要なのは楽しんで働ける業種

転職をするべき業界を選ぶにあたり重要なのは自分が楽しんで働ける仕事であることです。

自分がやりがいや楽しみを見いだせる業種でないとネガティブな転職を続けていくことになってしまいます。

転職には「人間関係」や「ストレス」などが原因で転職するネガティブな転職と「スキルアップ」や「より良い待遇を得る」を目的とするポジティブな転職が存在します。

ネガティブな転職の場合は環境を変えることで自分のストレスの原因になっているものを断ち切る目的がありますから、待遇や給与のアップはそれほど期待することができません。

ネガティブな理由で転職をする場合は今の業種にこだわることなく、楽しんで働けそうな別の業種にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

転職で人気の業種とは

転職をするべき業界を選ぶにあたり人気の業種は「メディカル(医療)業界」「IT/通信」となっております。

基本的に人気の業界は転職率が低いのと同時に別業界への転職率が低いということが根拠として挙げられます。

引用:未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?、

異業種への転職者割合が低い(つまり同業種への転職が多い)のは「メディカル業界(74.0%)」。2番目が「IT/通信(62.0%)」、次いで「メーカー(44.2%)」となっています。

上記のデータをみると専門性の高い技術・経験を必要とする職種が人気であり、今後のキャリアアップにも生きるということが言えると思います。

別の業種への転職を検討している場合は「メディカル(医療)業界」「IT/通信」で検討してみるとよいでしょう。

ワタルがおすすめなのは「IT/通信」

転職をするべき業界を選ぶ際に私がおすすめする業界は「IT/通信」です。

IT業界であれば特別な資格や学籍を気にすることなく未経験からでもチャレンジすることが可能ですし、将来的には大きな収入を得ることも可能です。

IT業界の代表的な仕事と言えば「システムエンジニア」です。

IT業界で代表的な仕事である、システムエンジニアの平均年収は以下のようになっております。

サラリーマン:570万円

フリーランス:700万円

また、仕事柄テレワークでの仕事やフリーランスとして独立しやすい業種でもあるため人間関係や環境によるストレスも少ない業種です。

是非、業種変更を検討している方は「システムエンジニア」への転職を検討してみても良いのではないでしょうか。

転職を検討中の方向けおすすめエージェント3選

ここまで読んでいただいた方は「IT業界がおすすめなのはわかったけどどうやって転職すればいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

この章では、私が今から転職するなら登録するエージェントをご紹介いたします。

おすすめエージェント比較表

リクルートエージェント doda ビズリーチ
求人数 191,317件
(2022/05/01時点)
133,789件
(2022/4/28時点)
73,373件
(2022/05/01時点)
対象地域 日本全国・海外 日本全国・海外 日本全国・海外
特徴 ・業界トップの求人数
・セミナーが豊富
・エージェントの質が高い
・トップクラスの求人数
・サポートツールが豊富
・ダイレクトリクルーティング
・年収1000万以上の求人多数
・ヘッドハンティングが基本
おすすめ度 ★★★★★
(5つ星)
★★★★
(4つ星)
★★★★
(4つ星)
サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

高品質なサポートなら「リクルートエージェント」

◎業界トップの求人数

◎転職セミナーが豊富

◎エージェントの質が高い

リクルートエージェントの公式サイトへ

高品質なサポートで転職活動を効率的に進めていきたいのであれば「リクルートエージェント」がおすすめです。

リクルートエージェントはその膨大な実績とノウハウからエージェントの質が圧倒的に高いと評判の転職エージェントです。

具体的な特徴としては以下が挙げられます。

業界トップの求人数

 

転職セミナーやサポートが豊富

 

エージェントの質が高い

リクルートエージェントに登録することで、優秀なエージェントと良いパートナーシップを組みながら転職をすすめていくことが可能です。

はじめて転職が不安な方はリクルートエージェントに登録して転職活動をはじめてみるべきと言えます。

 

すぐに転職をしたいなら「doda」

◎業界トップクラスの求人数
◎サポートツールが豊富
◎ダイレクトリクルーティング

dodaの公式サイトへ

スピード感をもって転職活動をしていきたいのであれば「doda」がおすすめです。

dodaは業界トップクラスとの求人数と様々な転職サポートツールが豊富で転職活動を効率的に進めていける転職エージェントです。

具体的な特徴としては以下が挙げられます。

・業界トップクラスの求人数

 

・サポートツールが豊富

 

・ダイレクトリクルーティング

また、転職エージェントではありますが自分の履歴書をdodaに登録しておくことで企業側からスカウトメールが届くダイレクトリクルーティングも大きな魅力の一つです。

スカウトメールの場合自分から履歴書を送ったりする必要がありませんから「一度履歴書を作って後は待つだけ」で転職が可能であったりします。

転職はしたいけど自分の強みを生かせる企業が見つからないと思っている方はこのdodaの仕組を使って転職活動を進めていくことをおすすめします。

 

ハイクラスな転職をしたいなら「ビズリーチ」

◎年収1000万以上の求人多数
◎ヘッドハンティングが基本

ビズリーチの公式サイトへ

高年収を狙うハイクラスな転職活動をしたい方は「ビズリーチ」がおすすめです。

ビズリーチは公開している求人の3分の1が年収1000万以上の求人となっておりハイクラスな転職を成功させることが可能な転職エージェントです。

具体的な特徴としては以下が挙げられます。

・年収1000万以上の求人多数

・ヘッドハンティングが基本

ビズリーチは年収1000万以上の求人を多く保有しているのと同時にその求人スタイルはヘッドハンティングが基本です。

こちらも自分の実績を一度登録しておけば、後はビズリーチ側のヘッドハンターからの連絡を待つというスタイルですから、今の仕事しつつ効率的な転職活動をしたい場合はビズリーチの転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。

 

まとめ:転職は怖くない!ステップアップとして活用していこう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事で「転職は怖いものではなく”自分の人生を良くしていくために当たり前のこと”」であることを理解いただけたと思います。

もちろん、今の仕事や会社であなたの人生がとても充実しているのであれば転職は必要ありません。

しかし・・・

 

・このままでいいのかな?

 

・もっと自分に合った仕事があるのではないか?

 

・今の人間関係に疲れてしまった。

という思いが少しでもあるのであれば転職エージェントに一度登録してみて担当のエージェントに相談してみてもいいと思います。

エージェントに登録して、自分の市場価値や転職するならどんな仕事ができるかなどを相談しても良いのではないでしょうか。

エージェントに登録する事や、相談する事は無料ですしリスクもありません。

まずは自分の可能性について確認してみることをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。