【日本高配当株ポートフォリオ】6月の運用状況を公開

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・日本高配当株の運用ってどうしたらいいんだろう

・みんなどんな株を買っているのか知りたいな。

・6月の運用成績は?

というお悩みに対して、私のポートフォリオ状況を赤裸々に公開します。

これから株を始める方に少しでも参考になれば幸いです。

注意
この記事で公開する内容はあくまでも私の運用状況です、私のポートフォリオを真似すれば、うまくいくものでもありません、投資はあくまでも自己責任で行ってください

この記事の信頼性

記事を書いている人が・・・

 

・現在、日本高配当株をSBIネオモバイル証券にて運用中

今回の内容

・ワタルの6月日本高配当株の運用成績

海外ETFと違って、日本株の場合、良いファンドが存在していないため、自分でオリジナルのポートフォリオを組んで株を買い続けるしかないですよね。

そこで出てくる問題が「株の選定」です、これがなかなか難しいので、私のポートフォリオ少しでも参考になればうれしいです。

 

日本高配当株ポートフォリオ【7月2日まで】

この項目では、7月2日付の私のポートフォリオ状況を公開します。

トータル評価損益:6,838円(+2.07%)※配当含まない

現在の私の日本高配当株に当てている資産の状況はこんな感じです。

現在の資産状況:339,870円

 

トータル評価損益:6,838円(+2.07%)

※配当含まない

正直、この辺りのキャピタルゲイン(売買益)による損益については一切気にしてないです。

プラスになってれば嬉しいなくらいなので、現状としては「嬉しいな」っていう状況です。

重要なのは配当収益がちゃんと発生しているという事です。

 

平均配当利回り:4.54%/年

現状の平均配当利回りについてはこんな感じです。

平均配当利回り:4.54%/年

なかなか良い配当利回りをキープできていると思いますね。

コロナショックの影響で、株式市場が落ち込んでいる時に株を大量購入できたというのが良かったと思います。

個人的には、まだセール期間中(買い時)だと思っているので、無理のない程度に買っていこうと思います。

 

現在のポートフォリオ【ガチ】

では、気になっている、私の株式ちゃん達を公開します。

コード 市場 名称 保有株式数 時価 配当利回り 資産割合
8593 東証1部 三菱UFJリース(株) 10 ¥5,040 5.0% 1.5%
9986 東証1部 蔵王産業(株) 8 ¥11,496 4.3% 3.4%
6178 東証1部 日本郵政(株) 9 ¥6,874 5.9% 2.0%
9201 東証1部 日本航空(株) 4 ¥7,788 5.3% 2.3%
2391 東証JQS (株)プラネット 6 ¥9,030 2.6% 2.6%
7820 東証1部 ニホンフラッシュ(株) 5 ¥6,360 2.7% 1.9%
7921 東証1部 (株)TAKARA & COMPANY 2 ¥3,538 3.1% 1.0%
2393 東証2部 (株)日本ケアサプライ 5 ¥6,610 3.5% 1.9%
9433 東証1部 KDDI(株) 3 ¥9,525 3.8% 2.8%
9437 東証1部 (株)NTTドコモ 2 ¥5,765 3.6% 1.7%
9432 東証1部 日本電信電話(株) 7 ¥17,315 4.0% 5.1%
9436 東証JQS 沖縄セルラー電話(株) 2 ¥8,320 4.0% 2.4%
4732 東証1部 (株)ユー・エス・エス 6 ¥10,290 3.4% 3.0%
4326 東証1部 (株)インテージホールディングス 9 ¥7,803 3.9% 2.3%
8096 東証1部 兼松エレクトロニクス(株) 2 ¥7,850 3.9% 2.3%
4327 東証JQS 日本エス・エイチ・エル(株) 5 ¥10,350 3.6% 3.0%
8439 東証1部 東京センチュリー(株) 1 ¥5,430 3.8% 1.6%
8898 東証JQS (株)センチュリー21・ジャパン 9 ¥10,701 4.1% 3.1%
3407 東証1部 旭化成(株) 16 ¥13,635 4.6% 4.0%
8766 東証1部 東京海上ホールディングス(株) 1 ¥4,645 3.9% 1.4%
8593 東証1部 三菱UFJリース(株) 10 ¥5,040 5.0% 1.5%
8750 東証1部 第一生命ホールディングス(株) 3 ¥3,983 4.6% 1.2%
5108 東証1部 (株)ブリヂストン 3 ¥10,224 4.6% 3.0%
2169 東証1部 CDS(株) 5 ¥5,925 4.5% 1.7%
4502 東証1部 武田薬品工業(株) 3 ¥11,424 5.1% 3.3%
6113 東証1部 (株)アマダ 5 ¥4,275 3.5% 1.2%
8058 東証1部 三菱商事(株) 5 ¥11,318 6.0% 3.3%
6087 東証1部 (株)アビスト 2 ¥5,132 5.8% 1.5%
6301 東証1部 コマツ 2 ¥4,356 6.0% 1.3%
8306 東証1部 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ 23 ¥9,685 5.7% 2.8%
8316 東証1部 (株)三井住友フィナンシャルグループ 4 ¥12,208 6.3% 3.6%
2914 東証1部 JT 18 ¥35,964 7.5% 10.5%
8001 東証1部 伊藤忠商事(株) 5 ¥11,595 4.1% 3.4%
8002 東証1部 丸紅(株) 14 ¥6,780 2.9% 2.0%
7751 東証1部 キヤノン(株) 6 ¥12,630 0.0% 3.7%
8750 東証1部 第一生命ホールディングス(株) 5 ¥6,638 4.6% 1.9%
8031 東証1部 三井物産(株) 5 ¥7,905 5.3% 2.3%
7453 東証1部 (株)良品計画 6 ¥8,796 3.2% 2.6%

現在のポートフォリオの状況はこんな感じです。

データを収集しているタイミングも、相場が動いているので、少し合計値に差があると思いますが、概ねこんな感じですね。

自分で調べてもらう前提として、面白そうな株があれば買ってみるといいと思いますよ

 

6月追加で買った株達

6月はセクター(ジャンル)バランスを考えて、現在持っている株を合計で33409円分を買い増ししました。

内訳は以下です。

キヤノン(2株:4576円)

 

ブリヂストン(1株:3697円)

 

三菱UFJファイナンシャルグループ(11株:5192円)

 

三井住友ファイナンシャルグループ(2株:6666円)

 

日本たばこ産業(6株:13278円)

現状として、新規追加で買いたい株があまりないので、今あるポートフォリオの中からチョイスして買い増ししました。

株の選定理由としては、「割安が維持されている」のと、「セクターバランス意識」という部分を中心に考えた結果上記の株を買い増しする結論にいたりました。

 

7月追加で買おうと思っている株達

7月も急激な暴騰などがなければ、ちゃんと買い増ししていこうと思っています。

買う株として検討しているのが

三菱UFJファイナンシャルグループ

 

三井住友ファイナンシャルグループ

 

NTT

 

NTTドコモ

 

伊藤忠商事

この辺を買い増ししたいなぁーと思っています。

理由は、私のポートフォリオの中で通信系を強化した方がより安定した基盤を作れるというのと、銀行系のセクターがまだポートフォリオ上弱いので、強化する目的で買い増しします。

まとめ:6月の感想

コロナショックの影響で大きな打撃を受けた、日本株式市場ですが、予想以上の回復をみせています。

そのため、コロナショックで株が一気に安くなった3月のセールに比べると少し割高だなぁ、という印象があったのですが、コロナショック前に比べると、まだ割安なのである程度の現金を残しながら余裕のある買い増しを続けるべきと判断して運用しました。

7月2日現在はコロナ感染者も増えてきており、7月中に緊急事態宣言が発令されたらまたバーゲンが来る可能性もあるので、市場を良く観察して運用はしていこうと思います。

 

皆さんも、面白そうだなと思ったら是非、日本株に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

僕が日本高配当株式を始めた時の記事もあるので是非参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です