IT業界転職でお悩み中の方に朗報です「IT業界の未来は先行き良好」な理由を解説します【IT業界で会いましょう】

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・IT業界はこれから転職してもいいの?

・たまにオワコンって話を聞くけど・・・

というお悩みをお持ちの方向けの記事となっております。

確かに、自分が参入したいと思っている業界がオワコンな業界だったら嫌ですよね、10年後にはもうすでに廃れていて、給与も低くなっているなんて事にはなりたくないですもんね、安心してくださいIT業界はこれからが一番おいしい時期です!

ということで、今回はIT業界がどれくらい希望に満ちているかとを解説できればと思います。

この記事で得れるもの

 

・IT業界の未来がこれからも明るい理由

 

・エンジニアに向いてる向いてないは無い理由

そして、この記事を書いている僕は現役のフリーランスインフラエンジニアでして未経験からフリーランスエンジニアとして活動をしております。

 

✔この記事を信頼してもいい理由

 

記事を書いているの

 

現役のフリーランスエンジニア

 

・未経験からフリーランスエンジニアとしてのキャリアをスタート

 

・IT業界へ転職してからエンジニアとしての収入を3倍にした実績有

 

・現在ITを軸としたビジネスを多数展開中

とある日の会話

お悩みさん

これからIT業界に転職しようと思っているんです
いいですね!

WATARU

お悩みさん

だけど、今からIT業界って実際どうなのかな?もうオワコンだったりしないんですか?
いや、IT業界はこれからがむしろ旬ですよ!今のうちにIT業界への転職は正しい判断と言えます!

WATARU

結論

WATARU

これからの時代、ITは全ての産業に関わる大きな産業になるので今からIT業界を目指すのは正しい判断と言えますよ!

 

 

AI時代到来でIT業界が明るい理由

AIが産業の中心となってくるこれからの日本社会において大きく成長を遂げるのがIT業界です。

では、AI時代到来において、なぜIT業界が盛り上がるのかについて以下の項目で解説していきます。

・AIを作るのもエンジニア

・ITは全ての産業に大きく関わる

AIを作るのもエンジニア

よく言われているのが、AIが淘汰されていくと仕事が減るのではないか?という疑問について

答えは「YES」です。

しかし、その業務は「頭を使わない作業」が中心です。

例えばコンビニのレジであったりホテルの受付や清掃、こういった単純労働といわれる分野の物はどんどんAIに代わっていきます。

しかし、そのAIを作っているのはエンジニアですので、AI管理運用メンテナンスに関しては引き続きエンジニアがやることになるでしょう。

WATARU

AIを使いこなしていく、共存の意識が重要ですね!

ITは全ての産業に大きく関わる

今後、経済が発展するにつれてITは全ての産業に関わっていくといえるでしょう。

例えば、金融、政治、観光、自動車など

日本のシステムはまだ遅れている状態です、今後急速なスピードでこれらのシステムが再構築されていくなかでIT分野への投資が確実です。

そのため、今後さらにエンジニアの付加価値は上がっていくと想定されます。

WATARU

より、IT投資が盛んになりエンジニアはより市場価値が高まります。

IT業界に向き不向きは無い全ては入ってから始まる

IT業界においては、向いている向いてないというのは正直ありません。

そもそも論として、仕事ができる人かできない人かというのはありますが、特別な能力必要なければ、必要な資格もないです。

 

プログラミングは義務教育では勉強しない

2020年から小学生のプログラミング学習が必修化になるとのことですが、現在働いている社会人世代は義務教育ではプログラミングの現況をしてきておりません。

ということは、東大生でも高卒でもプログラミングを始める時期はみんな一緒ということになります。

そのため、事前にプログラミングが向いているか、なんてことはわからないのです。

重要なのは、エンジニアになってからその技術の習得に一生懸命に勉強ができるかということです。

WATARU

エンジニアになってからがスタートです!

強いて言うなら想像力が大切

AIの時代では「正解を知っている」ということはあまり価値を持ちません。

なぜなら、AIが正解を知っていて正解があることを全て行ってしまうからです。

そこで、新しい付加価値が生まれるのが「正解を作れる力です」、要は想像力ということです。

・世の中にこんなサービスがあったら便利だな。

・こんなものがあればみんな幸せになれるな。

という物を新しく創造できるかが重要になってきます。

 

WATARU

仕事ってイメージできた時にすごくはかどるんですよね!想像力は鍛えておいた方がいいですよ!

まとめ:IT業界は希望しかないので早く来てください(笑)

IT業界はこれから、どんどん成長していきますし、その肝となるエンジニアはどんどん価値が付いてきます。

そして、今回紹介した以外にもIT業界には以下のようなメリットもあります。

・独立のハードルが低い

・参入障壁が低い

・技術が汎用的であり手に職が付けられる

こんな感じです。

デメリットとしては、年齢が30を超えている場合は未経験の採用率が極端に下がると言われておりますが、逆に言ってしまえば20代であれば積極的に採用されておりチャンスに溢れているということになります。

 

もし、あなたが未来の無い業界で働いており、転職を検討しているのであれば

私から提案できることは一つしかありません「IT業界であなたの希望が叶うはず!今すぐ転職活動を始めましょう」ということです。

今すぐに不安のある業界を損切してIT転職への一歩を踏み出すことをおススメします。

サポートが充実している転職サイト

①レバテックキャリア:丁寧なサポートでノンストレスのIT転職を実現可能

②TechClipsエージェント:高額報酬が可能な転職エージェント

③リクルートエージェント:規模の大きさが桁違い安定感のある転職エージェント

 

では今回の重要ポイントをまとめてみましょう。

重要ポイント

 

・ITは全ての産業に関わってくるビッグビジネス

・IT業界で活躍するチャンスはみんな平等に与えられている

 

IT業界への転職でお悩みの方は、その選択肢は絶対に間違っていないので勇気をもって踏み込んでみてください!

 

私がエンジニアになろうと思った理由の記事

月収100万円の営業マンだった僕が今人気の職業エンジニアになった理由

 

これから転職をしようと思ってる方向けの記事

フリーランスエンジニアがおススメする、未経験からエンジニアになれる転職サイト

 

 

人気記事エージェントが選ぶ 最強エージェント企業5選

人気記事フリーランスエンジニアがおススメする、未経験からエンジニアになれる転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です