IT転職に向けての資格勉強、それ意味ないですよ!IT転職での正し努力の仕方

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・ITエンジニアに転職したい

・有効な資格はあるの?

というお悩みを解決するための記事となっております。

確かに、「資格」は自分のベースの知識や努力を相手に見てもらうためには有効です。

しかし、ITエンジニアに関しては資格が「クリティカルな要因」となり転職できるケースは少ないのです。

ということで今回はITエンジニアになるにあたり資格があまり意味がない理由とどういった準備が効果的かを解説していきます。

 

今回の記事で解説する内容

 

・ITエンジニアのへの転職で「資格」が意味がない理由を解説!

 

・ITエンジニアになるために効果的な準備を解説!

そして、この記事を書いている僕は現役のエンジニアで、未経験からフリーランスのエンジニアとして活動を始めました。

 

✔この記事を信頼してもいい理由

 

記事を書いているの

 

現役のフリーランスエンジニア

 

・未経験からフリーランスエンジニアとしてのキャリアをスタート

 

・IT業界へ転職してからエンジニアとしての収入を3倍にした実績有

とある日の会話

お悩みさん

ワタルさん!ITエンジニアに転職したいのでどんな資格をとっておいた方がいいのか教えてください
資格ですか、、強いて言うなら基本技術者ですかね、ですが資格はあまり意味がないかも

WATARU

お悩みさん

意味無いの?したらどんな事したらスムーズに転職できるの?
ん~”スキル”ですかね!

WATARU

結論

WATARU

ITエンジニアになるにあたって”資格が無いとダメ”ということはありません!資格勉強よりもスキルをみせれるポートフォリオを作りましょう!

 

IT転職で有利になる資格はありません!

IT転職をしようとしている方で、転職活動を始めるにあたって「資格」の勉強をしているかたはちょっと手を止めてこのブログを読んでいただきたいです。

私の経験上、IT業界への転職をするにあたり「この資格があると転職が有利に進む」といった資格はありません

では、資格と取る意味とはなんでしょうか?

それは「自分の知識量を増すこと」+「努力の証」です。

という意味では転職の際にその努力が評価されて面接の評価にプラスになるということはあっても、この資格を持っているから採用します!ということはほぼありません。

 

ということで、今回はなぜ資格が転職をするにあたりクリティカルな要因とならないかを以下の項目で解説します。

・スキルと資格は比例しないから

 

・IT業界への転職をするなら「スキル」を身に付けよう

 

・可視化できるスキル、ポートフォリオをつくろう

 

・ポートフォリオを作る簡単な方法

スキルと資格は比例しないから

基本的にIT業界の場合、資格で得た知識があるからといってスキルがあるとは言えないのです。

というのも、資格で学んだことはほぼ現場では出てきません。

基本的に使われているの、だが応用されすぎてて勉強してたことだと気づかないという表現が正しいかもしれません。

何年か経験してから、「あっこれ確か勉強したな」って気づくくらいです(笑)

そんな、現場で使えないような勉強をしていてもあまり効率的とは言えないですよね、だとしたら資格の勉強をきっぱり辞めてよくある、プログラミングの参考書片手に片っ端から作っていってスキルを付けた方が転職には有利に働きます

WATARU

IT業界はより、実績を好む傾向があるんですよね

IT業界への転職をするなら「スキル」を身に付けよう

IT業界へ転職をするのであれば、必要なのは資格よりもスキルです。

IT業界でいうところのスキルとは、答えのないところから、想像しプロセスや工程を考え、プログラムを形にすることを指すとことだと思います。

これは、答えが無い「ビジネス」の世界とよく似ています。

基本的に会社は「ただ仕事をこなせる人間が欲しいわけではありません」共にビジネスをし「一緒に会社を大きくできる仲間が欲しい」のです。

そのために、自分がスキルがあることを可視化し証明することが必要になります。

その際に有効に働くのが可視化できるポートフォリオです。

WATARU

本当の意味でのスキルをつけましょう!参考書をやりましたはスキルとは言わないです!

可視化できるスキル、ポートフォリオをつくろう

ではポートフォリオとは一体なんなのでしょうか?

ポートフォリオとは、クリエイターが用意する自己紹介資料というべきものです。

「自分はこんなスキルがありますよ」

「こんなものを作ってきました」

というのを可視化できるものです。

このポートフォリオを確認することでスキルがどれくらいあるのか、会社にとって即戦力となる人材なのかというのを判断することができるのです。

WATARU

自分のスキルを可視化させる!それがポートフォリオの役割です!

ポートフォリオを作る簡単な方法

ポートフォリオを一人で作るということは結構難しいです。

完全に一から独学でやるのであれば、半年間くらいは用いることになるでしょう。

ですが、半年も時間をかけるのは正直勿体ないです。

ということで、最速でポートフォリオを完成させてIT転職を成功させたい方はプログラミングスクールに通うことをおススメします。

ポートフォリオを作るにあたり活用できるプログラミングスクール

①DMM WEBCAMP:転職サポートが充実しており、転職成功率は98%!

②TECH::EXPERT:ライザップ式プログラミングスクール でスキルアップが可能!

③GEEK JOB:受講料無料、転職斡旋必須の徹底サポート

 

しかし予算的な問題もあると思います

そういった方はJavaやPHPの参考書を買ってきて片っ端から作ってみることをおススメします。

一つ一つを理解する必要はありませんとにかく作って作って作りまくるのです。

WATARU

プログラミングスクールに通う前に参考書をやっておくのもありです!

 

まとめ:資格勉強を今すぐ辞めて、今すぐポートフォリオを作ろう

ということで今回のまとめです。

今回の重要ポイント

 

・資格とは努力の証と知識を蓄えるだけのものである

 

・会社はスキルがある人間を求めている

 

・仕事がこなせる人は無能であり、仕事を作れる人間が有能なのである

ということがわかっていただけたと思います

IT転職を成功させるコツは作って作って作りまくることです、そしてその能力を証明することができればIT転職は簡単に成功させることができるはずです。

この記事があなたの転職活動の参考になれば幸いです。

サポートが充実している転職サイト

①レバテックキャリア:丁寧なサポートでノンストレスのIT転職を実現可能

②TechClipsエージェント:高額報酬が可能な転職エージェント

③リクルートエージェント:規模の大きさが桁違い安定感のある転職エージェント

 

私がエンジニアになろうと思った理由の記事

月収100万円の営業マンだった僕が今人気の職業エンジニアになった理由

 

これから転職をしようと思ってる方向けの記事

フリーランスエンジニアがおススメする、未経験からエンジニアになれる転職サイト

 

 

人気記事エージェントが選ぶ 最強エージェント企業5選

人気記事フリーランスエンジニアがおススメする、未経験からエンジニアになれる転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です