フリーランスエンジニアに必要なスキルとは?フリーランスエンジニアの間違ったイメージを解説します!

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・フリーランスって敷居が高そう

・フリーランスなんて

という方に向けて、企業がフリーランスに対して期待してる役割について解説します。

 

実際、私はSESフリーランスエンジニアとして様々な現場で仕事をさせていただいており、

その中にもフリーランスとしてやっていけるだけの実力がありながらフリーランスとして生きていく決断ができてない方が多いことを知りました。

この記事では企業がフリーランスエンジニアに期待して役割について解説します。

この記事を読み終え時には『フリーランス、なんか行けそうだなぁ』と思ったらいただけたら嬉しいです。

 

フリーランスへのイメージが凄すぎる

私の経験上、サラリーマンエンジニアのフリーランスに対してのイメージが凄すぎるので、「誰でも気軽にフリーランスに挑戦しよう!」という流れができてないように感じます。

あなたが思っている脳みそとインターネットが繋がっているような高スペックエンジニアは存在しませんw

この章では、サラリーマンエンジニアに多いフリーランスエンジニアに対しての間違ったイメージについて以下の項目で解説します。

・圧倒的なスキルが必要

 

・フリーランスは収入が安定しない

 

・案件が失敗した時のリスクが負えない

圧倒的なスキルが必要

フリーランスなのだから圧倒的なスキルが必要だ!

と思っている方は少なくありません。

実際スキルはもちろんあった方が重宝されますし、報酬も高いですが、

実際スキルがあるからフリーになれると言うわけでもないのです。

事実、私は未経験でプログラミングの”プ”の字も知らない時からフリーランスエンジニアとして活動してきましたので、一概にスキルが無ければいけないということも無いのです

 

フリーランスは収入が安定しない

フリーランスは所得が安定しないから怖い。

というイメージをお持ちの方もいます。

この件については半分あってて半分間違ってます。

この所得が安定しないというのは、収入が安定しない働き方を選択した場合です。

たとえば完全個人受注で納品までの案件であれば平行して仕事を取っていかないと納品後に収入がなくなるリスクが発生します。

しかし、製作した物の運用などを請け負うった場合などは、安定した所得を実現することが可能です、SESで仕事を受けるのもその安定した所得を実現する方法の一つです。

 

案件が失敗した時のリスクが・・・

次にあるのが、受注に伴うリスクのイメージです。

これも、案件がなくなると同様に半分あってて半分間違ってます。

この件もどのような仕事を、どのような契約にするかがとても重要です。

利益を優先して全ての個人で仕事を受けてリスクを背負うのか、間に企業やエージョントを挟みリスク分散をするのか、といったことで失敗した際のリスクを未然に小さくすることが可能です。

間に会社を挟んでいると大半が巻き取ってもらえたり、『すいません』で話が済むことが大半です。

 

私が知ってる企業がフリーランスに求めること

では、フリーランスに求められる事とは一体どんなことなのでしょうか?

実はそんなにハードルが高いことなんてないです。

この章では以下の項目でフリーランスに求められてることについて解説します。

コミニュケーション能力

まずは、当たり前のコミュニケーションが取れることです。

ITエンジニアはこれができてない方が実はめちゃめちゃ少ないんです。

・いるだけで雰囲気を良くしてくれたり

 

・チームで手こずっている方がいればサポートしたり

とチーム自体の生産性が上がることからフリーランスに求められるスキルと言えます。

 

1年以上の業務経験

次に業務経験があることです。

実はこれは必須ではないのですが

・自分のやりたい事をやる。

 

・担当エージョントに負荷をかけない

 

・単価が上がる

という部分についてはあったほうがよいスキルなのです。

やはり未経験からフリーランスになると、仕事がないので監視業務やテスター業務しか仕事がない可能性が高いですし、単価がそもそも低いので営業マンがやりたがらない案件なのです。

そう言った点から、業務経験をつけるというはあった方がよいスキルと言えます。

やりきる能力

フリーランスの場合、同じ会社の人は現場にいない状況になります。

サラリーマンの場合は同じ会社の先輩ができない仕事や間に合わない仕事は一緒に解決に向けてサポートしてくれたりしますが、フリーランスの場合はそうはいきません。

先輩がいない分、周りに助けを求めることはできても、待っているだけの場合は業務が破綻してしまいます。

 

そういう意味で

・調べる能力

 

・理解する能力

 

・助けを求める能力

が必要になります、それを総称してやりきる能力と言っています。

このやりきる能力はフリーランスとしてぜひ身につけておきたい能力と言えるでしょう。

 

まとめ:フリーランスへのイメージが凄すぎる

 

まとめです。

基本的に、あなたが思っているフリーランスのイメージと実際働いている人の意見を比較してどんな印象を持ったでしょうか?

実はフリーランスになるってあなたが思っている以上にハードルが低いのです。

もし、あなたが1年以上の業務経験があり、最低限のコミュニケーションが取れているのであればフリーランスになる素質は十分ありますので是非

フリーランスとしての生き方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

おススメのフリーランスエージェントはこちらの記事で解説しておりますので是非参考になさってみて下さい。

エージェントが選ぶ 最強エージェント企業5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です