プログラミングスクールのイメージは大体間違っている事について解説します

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・プログラミングスクールに通っているけど・・・

・自分の理想としているものが作れない

と悩んでいる方向けの記事となっております。

私は仕事上多くのエンジニアになりたくてプログラミングスクールに通っている方とお話をしますが

その大半の方がプログラミングスクールに対して過度な期待をし過ぎているとわかりました。

 

この記事ではプログラミングスクールの効率の良い活用方法を解説します。

これからプログラミングスクールに行こうか悩んでいる方には必見となっておりますので是非参考してみてください。

 

プログラミングスクールのイメージは大体間違っている

皆さんにとってプログラミングスクールとはどういったイメージでしょうか?

この章では、よくあるプログラミングスクール対しての間違ったイメージについて以下の項目が解説します。

・理想のサービスが作れるようになる!

 

・リモートワークができるようになる!

 

・自社開発企業に入れる!

理想のサービスが作れるようになる

プログラミングスクールに行けば理想のサービスが作れるようになる!

と大きな勘違いをしてはいないでしょうか?

プログラミングスクールでは、大半の方が自分の理想とするサービスを作ることなく期限(卒業)を迎えます。

それは自分の作りたいサービスに必要な知識と経験が期間内に必ず身につくものではないからです。

 

例えばブログのテーマを作るなどどいった簡単の要件であれば作れますが

大きなシステムをイメージしているとフロントからインフラまでの知識が必要になるので期間内に間に合わないことが大半です。

 

リモートワークができるようになる

次にリモートワークができるようになる!といった大きな勘違いです。

リモートワークができるようになる人材、大きなくくりでいうと

・個人で受注ができる知見を持っている。

 

・自宅で仕事ができるくらいの関係値を企業と作っている。

方達です。

また個人で受注ができる方についてはスキルももちろんですが、個人で仕事を受注する際の契約書関連や税務関連の知識などももちろん必要になってきます

のでプログラミングスクールに通っても得れない知識が必要になります。

 

自社開発企業に入れる!

プログラミングスクール側で就職斡旋をしてくれるスクールはもちろんありますが

もちろん、それ相応の実力があることが前提」です。

なので途中でモチベーションが落ちてしまって通わなかった、ポートフォリオが作成できなかった方については

残念ながら、プログラミングスクールに行ったとしても理想の就職や転職はできないかもしれません。

 

プログラミングスクール通うために必要な準備

ではプログラミングスクールを最大限に活用して、自分の理想を叶えるためにはどういった準備が必要なのでしょうか?

この章では以下の項目で解説していきます。

・通う目的を明確化しよう

 

・自分の目的を体験時に伝えよう

 

・最低限の知識は身につけてから通おう

通う目的を明確化する

まず通う目的を明確化しましょう

なぜ通うのか?

 

通わなければいけないのか?

 

他に手段はないのか?

上記の質問を自分に投げかけ、一つでも疑問や違和感が残るのであればまだ行くには早いのかもしれません。

 

絶対に「行けば何かが変わりそう」なんて理由で通っていけません。

この理由で通う方は挫折する割合がかなり高いです

明確な目標や目的をもって通うスクールを選定しましょう。

 

自分の目的を体験時に伝えよう

次に、自分の目的を体験時に先生に伝えることが重要です。

「こういうサービスが作りたい」

 

「○○を学びたい」

 

「○○って企業に就職したい」

そして、それを聞いた講師の反応もしっかりチェックしておきましょう。

講師の方も目標や目的が明確だとサポートしやすいですし、無理であれば無理といってくれるところが大半です。

 

ちなみに、以前テックアカデミーに行った際は

ワタルさんのやりたいことはうちではレベルが高すぎますので無理です」といってもらった経験があります。

テックアカデミーで一度相談してみて自分の理想が叶うのか確認してみるのも良いでしょう。

 

最低限の知識は身につけてから通おう

最低限のプログラミングは身に付けて行きましょう。

せっかくお金を払っているのですから、より高度な技術を得る方が良いです。

なので、ドットインストールやプロゲートなどで無料で勉強できる範囲の事は勉強してから行きましょう、

理想なのは参考書を一冊終えるなどの準備をしてから行くと良いでしょう。

 

 

プログラミングスクールに入ったら

プログラミングスクールに入ったら次はどんな事を意識して行動すればよいのでしょうか?

せっかくですから、プログラミングスクールを最高に活用しましょう

この章では以下の項目について解説します。

・イベントには積極的に参加しましょう。

 

・一緒のスクールに言っている人と仲良くなろう

 

・先生に積極的に質問しよう

イベントに積極的に参加する

スクールが開催するイベントごとには積極的に参加しましょう。

イベントではプログラミングでは学べない様々な知識や出会いを提供してくれるはずです。

 

私が通っていたスクールではOB会が日々開催しており

会社への紹介やエンジニアになって苦労していることなどのぶっちゃけトークなど、日々情報交換が行われておりました。

 

一緒のスクールの人と仲良くなろう

一緒のスクールにいる方は多くの人のレベルが一定です。

なので、同じような悩みを持っていたり、同じようなバグにはまっていたりします。

そんな時、一緒の仲間がいたらすごく心強いですよね。

プログラミングスクールでは共にIT業界で切磋琢磨する仲間が多くいますので

積極的に交流することでお金では買えない出会いがあります。

 

質問をこれでもかというくらいしよう

一番の理想は家でカリキュラムを実施し、スクールの日に先生に質問しにいくくらいの感覚でスクールに通うといいでしょう。

正直、カリキュラムをやるのであれば参考書で充分ですので

せっかくスクールに通っているので、積極的にわからないことを質問して爆速でスキルアップを目指しましょう

 

まとめ:プログラミングスクールのイメージは大体間違っている

まとめです。

「プログラミングスクールイメージは大体間違っている。」

皆さん参考にしていただけたでしょうか。

 

プログラミングスクールにカリキュラムをしに行っている方は本当にもったいないので今すぐ辞めて自主勉でカリキュラム、スクールでは質問タイムを徹底することをお勧めします。

これを続けていけば、優先的に就職斡旋してもらえたり、理想のサービスが作れたり、人より早いペースで成長することが可能です!

 

なにはともあれ、まずは体験に行ってみてプログラミングスクールを体験するのが一番いいと思います。

プログラミングスクールについては以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

まずはエンジニアになること!最速でエンジニアになれるプログラミングスクール3選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です