SESはストレスだらけ? SESでノンストレスで 働く方法!

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニア×エージェントのWATARUです。

以前、こんなツイートをさせていただきました。

 

もし、あなたがSESのエンジニアとして

現在進行形でこの仕事に「憤りやストレス」を感じているのであれば

もしかしたら、このSES業界の渡り方を理解していないのかもしれません。

 

今回はSESの仕事でストレスを軽減する方法というのをテーマとして

SES業界の渡り方とSESエンジニアに求められている価値とはなにか?について解説していきます。

 

SESでストレスが溜まってしまう人の特徴

SESというのは「技術支援」であるということを理解せずに仕事をしてしまうとすごくストレスが溜まってしまいます。

この章では、SESの仕事でストレスが溜まってしまう人の特徴を解説します。

 

知識やスキルは業務の中で付いていく と思っている方

SESについての記事でも解説しておりますが。

SESって実際どうなの?SES業界を活用して理想の仕事を手に入れる2つの方法を解説!

技術支援を要請するお客様(上位企業)は基本的にあなたのことを育てる対象としてみていません。

 

また、大きいSESの企業でない限り参画前の教育という物は無い企業の方が多いです。

 

なので、業務に参画してから色々と教えてもらおうと思っている方は

「○○やって!」「なんでそんなこともできないの?」という心無い一言にすごくストレスを感じてしまいます。

 

エンジニアの役目はより良いものを作ることだ!と思っている方

このパターンもSESに関して言えば”的外れ”になるので

「えっ?そこで怒られるの?良かれと思ってやったのに」という類のストレスをすごく感じることになります。

 

SESはあくまでも技術支援になるので、より良いものの定義が変わってきます。

世の中にとってより良い物というよりかは

お客さん(上位会社)が良いと思うものを作成すること、これがSESエンジニアに求められる役割です。

 

いかにクオリティが良くても

納期に間に合わないや期限に間に合わない、時間がかかりすぎるといった事態に陥ると、実は上位会社からの評価は下がっているのです。

 

業務効率を上げることこそエンジニアにとっての役割だ!と思っている方

「業務効率を上げること」それはエンジニアにとって最高レベルに素晴らしいことです。

しかし、技術支援の場合、業務効率を上げた所で”早く帰宅できるわけではありません

SESは労働時間で拘束されているため、いくら効率化を図ったところで、最高のボランティアでしかないわけです。。

 

業務効率をあげることで自分の仕事を楽にして提示に帰宅することを意識している方は

無限に出てくる仕事と、早く帰れないことへのストレスをすごく感じることとなります。

 

SESでの世渡り方法

では上記記載した内容を踏まえて

どのように世の中を渡っていけばストレスなく仕事をしていくことが可能なのでしょうか?

 

やりたい!と仕事を完全に分ける

世渡り下手なエンジニアはこれが苦手なように感じます。

やりたいこと=仕事を常に追求してます。

 

例えば

「マッチングサービスを作りたい」→マッチングサービスを開発運営している会社に就職しよう

といったところです。

 

会社はサービスを作り利益を出すことを目的としているため、あなたが理想とするサービスを作っていないことの方が多いですし

企業サービス独特の利益を追求する体制にも嫌気がさすことでしょう。

 

そんなときは、プライベート(やりたいこと)と仕事(やるべきこと)を完全に分離させ考えることがかなり効果的です。

仕事は仕事でしっかりとこなし

プライベートでは自分が理想とするサービスを作り、追求する。

 

この形が一番自分の理想を追求できる状態ではないでしょうか?

 

お客さんが誰かを意識する

SESでは、だれがお客さんであるかを理解しましょう。

SESでのお客様は「発注先である上位会社」です

プロジェクトに参画しているのであれば、そのプロジェクトのリーダーとなります。

プロジェクトリーダーがどういった成果物を求めているのかをしっかりと理解してアプローチをすることで

ストレスが無い人間関係を構築することが可能です。

 

ここを意識しないと、お客さんである方に同僚のように接してしまうことで評価が下がったり

クレームに繋がったりしてしまいます。

 

フリーランスになる(独立する)

 

SESはフリーランスとしても活動ができます。

フリーランスSESに関しては色々と特権があるので、あなたの理想とする仕事ができるでしょう。

 

フリーランスSESでは

 

・案件選択の自由

 

・単価交渉

 

・稼働時間を考慮しての稼働コントロール

というのができます。

 

案件は自分が理想とする案件が選択可能です。

自分の所得が一時的になくなってもよいのであれば、理想とする案件がでてくるまで待つということもできるわけです

単価交渉であれば、「自分の値段を自分で決める」ことができます。

 

それは、あなたが思っているよりも自分自身のモチベーションになります

また稼働時間に関しては”契約の”時間以上稼働していれば良いので、オーバーワークをしているようであれば適度に休みを取ることも簡単にできます。

 

そして自分が理想とする働き方により近づけることが可能です。

 

まとめ:SESは立ち位置を上手く利用できるかで決まる

SESでは「誰がお客さんでどういった振る舞いをするか」がノンストレスで働くためには重要です。

自分がどのポジションで仕事を受けているのか。

お客様は誰なのか。

また、働き方はSEの利点を最大限に生かせているのかが重要です。

 

ぜひ、あなたが今上記を満たせているかを考えてみてください。

告知です!

LINE@「キャリステでは」では日々参加者を募集しております!

かなり優良な情報を配信しておりますので是非ご参加ください。

 

参加するにはこちらをポチっとクリックです!

キャリステについて詳しく情報をみる

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です