SESへの転職でも失敗してしまう方へ【30代からの転職対策】

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・SES転職でも失敗してしまう

・やっぱり年齢のせい?

・30代からのIT転職はやっぱり厳しいのかな?

というお悩みを解説するための記事となっております。

この記事を読んでいただければ「30代からのIT転職を成功させるためのノウハウ」が手に入りますよ。

現在転職活動中で、内定が取れない方には参考になると思いますので是非最後まで読んでいってくださいね。

この記事を信頼してもいい理由

記事を書いている人が・・・

 

現役のフリーランスエンジニア

 

・完全未経験からフリーランスエンジニアとして活動を開始して4年目

 

・案件面談の場合、合格率100%を継続中

今回解説する内容

・30代からのIT業界転職方法

 

・転職成功のために必要な捨てるべきこだわり

先日こんなツイートをしました!

まず、IT業界でうまくやっているには何はともあれ「業務経験」が必要です。

そして30代からのIT業界転職では、まず内定を取りやすい「SES業界を狙うこと」が得策だと思います。

ということで今回は、30代からの転職方法とその後のキャリアアップについて網羅的に解説します。

結論:30代からの「わがまま転職」は失敗する、まずはSES転職を成功させるべし

IT業界転職で失敗してしまう、主な原因は「わがまま」であることであったりします。

例えば、30代という業界的には若くない年齢にも関わらず「自社開発企業でなくては嫌だ」「リモートワークができないと嫌だ」「しっかり教育してくれる企業でないと嫌だ」「給与は○○以上でないと嫌だ」などということを言っていては、決まるものも決まりません。

まずは、自分の立場をしっかりと把握し、「不要なこだわりを捨ててSES業界への転職を成功させましょう」

WATARU

SES業界から成り上がる方法を同時に解説しますのでご安心を

30代からのIT転職が失敗する理由

IT業界への転職が上手くいってない理由はどんなものなのでしょうか?

この項目では、IT業界の転職でよくある失敗事例を解説します。

IT転職が失敗する、原因リスト

・自社開発へのこだわりが強すぎる

 

・使用言語へのこだわりが強すぎる

 

・給与へのこだわりが強すぎる

自社開発へのこだわりが強すぎる

失敗する原因の一つが「自社開発へのこだわりが強すぎる」というパターンです。

確かに、「開発ができる」「スキルアップができる」といった点で、自社開発企業はとても魅力的です。

その分競争率が高く「若くて優秀な人材が集まりやすい」傾向にあります。

そんな中、30代で未経験のあなたが20代の若くて才能がる人と競争した時にどちらが勝るかといわれたら、一言に「若い方」でしょう。

そういった、理由で自社開発企業への内定はかなりハードルが高いです。

もし、このこだわりを捨てることができるのであれば、一度捨ててしまって「難易度が低いSES企業でIT業界への初めの一歩を踏み出す」のも悪くないです。

使用言語へのこだわりが強すぎる

失敗する原因の一つとして「使用する言語へのこだわりが強い」方です。

特に、わかりやすく勉強しやすい「Rails界隈」は人気が高く、その言語を使用した企業の競争率は高いです。

また「面接時に○○の言語がやりたいです」などと発言すると、柔軟にプロジェクトを進めてくれなさそうという理由で不採用になるケースも多いです。

もし、この言語へのこだわりを捨てることができるのであれば、用性が高く一般的に使われている率も高い「PHPやJava」をメイン言語として使っている企業を狙って転職活動をすると良いでしょう。

 

給与へのこだわりが強すぎる

そして、もう一つの失敗原因が「給与へのこだわり」です。

IT業界の場合、年齢によって利益が上がる仕組みになっておらず「技術」や「仕事量」に比例して売り上げ(単価)が決まります。

そのため、「前職で○○万円くらいもらっていたので、○○万円くらいもらいたい」というのがまったく通用しないのです。

前職が営業で給与が500万だったとしても、ITに移ったら250万になる、なんてことは良くある話です。

それは技術がないとIT業界では売り上げを上げることができないからです。

そのため、一度現職の給与する水準を比較するといった、こだわりを捨てる必要があります。

このこだわりを捨てることができれば、転職できる企業の幅はぐっと広がります。

 

要は「こだわり」が邪魔をしている

以上のことからもわかると思いますが「転職を成功させるためには、こだわりを捨てる必要がある」ということです。

実際、上記のこだわりを捨てるとどういった企業を狙うのが適切なのでしょうか?

それは「SES企業」です。

SES企業は、「ブラック」「給与安」「スキルアップができない」という理由から人気があまりありません。

その分SES企業への転職は容易なのです。

WATARU

SES企業を上手く使って、自社開発企業への転職を成功させる方法も最後に解説するので、このまま読み進めていこう

 

業界未経験者に対して私がSES転職を薦める理由

30代からの「自社開発企業への転職は難易度が高い」ということをわかっていただけたでしょうか?

もしあなたが、高学歴でポートフォリオなども完璧に準備して転職活動に臨めるのであれば、自社開発企業への転職を推奨しますが。

そういった方達ばかりではないのも現実ではないでしょうか。

ということで、私のおススメは「SES業界への転職」です、それなりにリスクはありますが、この項目ではSES転職を薦める理由について解説します。

業界未経験にSES企業を薦める理由

・SES転職は簡単だから

 

・大手での仕事の仕方を知れるから

 

・独立が簡単だから

理由①:SES転職は簡単である

SES企業というのは、世間的な印象が悪いということから「人気が無く競争率が低い」です。

このことから、「低学歴」「未経験」だったとしても採用される可能性がかなり高いです。

IT業界は転職をするにしても、「業界経験があるか無いか」がかなり重要になってくるので、30代という年齢を考えると「ゆっくり転職活動をする」という意識は捨てて「今すぐ業界経験が付く企業へ入る」が先決です。

 

理由②:大手での仕事の仕方を知れる

SES企業の主な収入減は「エンジニアリングサービス」という、エンジニアの貸し出しです。

貸し出される先(常駐先)は基本的には「一部上場企業」が多いです。

そのため、高卒であっても高学歴のエンジニアと肩を並べて仕事をすることができ、またその会社で採用されている仕事の仕方を知ることにより転職活動にも大変役立ちます。

 

理由③:独立が簡単

SESでの仕事の仕方を知っていると「フリーランスになる(独立する)」ことが簡単にできます。

最近はレバテックフリーランスなど、フリーランスを支援するエージェントも増えてきました。

こういったエージェントで取り扱っている案件というのは、基本的にSES案件だったりするので、SES企業で学んだことをスキルシートに反映させることで、案件を簡単に獲得できるようになるというメリットがあります。

WATARU

SES企業はあくまで踏み台です。入ってからの一年間でどれだけ成長できるかが勝負です。

30代でSES企業から自社開発企業へ転職しよう

私がSES企業を薦めているのはあくまでも「IT業界で業務経験を積むため」です。

なので、1年という業界経験を積んだら、なるべく早いタイミングで「自社開発企業へ転職する」ことをおススメします

この項目では、30代SES企業から自社開発企業へ転職する方法を解説します。

SES企業から自社開発企業へ転職する方法

・転職エージェントに登録しよう

 

・リファラル採用を活用しよう

 

・SNS転職を活用しよう

Step①:転職エージェントに登録しよう

まずは、IT系が強い転職エージェントに登録しましょう。

1年という経験を積んだ、あなたなら「1年前に紹介してもらえなかった企業」の紹介も貰えるはずです。

その中から、自分が入りたい企業を選択して、積極的に面接をしましょう。

WATARU

私の感覚値でいうと15社受けて2社受かるくらいの採用率だと思います。

Step②:リファラル採用を活用しよう

リファラル採用は、俗にいう「紹介採用」です。

ローカルなつながりを作り、紹介で会社への内定を勝ち取りましょう。

ローカルなつながりは「もくもく会」などで作ることが可能なので、積極的に参加して繋がりを作りましょう。

 

Step③:SNS転職を活用しよう

最近Twitter転職などが話題を呼んでいます。

Twitter上でスキルを公開して、採用担当からスカウトDMをもらうという方法です。

比較的に、人材が不足&資金繰りが悪い企業が行っているイメージが強いですが。

これから伸びしろがある、ベンチャー企業からのスカウトもありますので、こういった方法で内定をもらう方法もありだと思いますね。

 

WATARU

転職方法は様々です、色々な方法を平行で進めていきましょう

 

まとめ:まずはSES転職をする、1年後には自社開発企業に移るが理想的

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

IT業界は「未経験に厳しい」という現実があるため、30代IT未経験で人気自社開発企業に入るのはかなり難易度が高いです。

そのため、戦略としては「SES企業で業界経験を積み、自社開発企業への転職を成功させる」というのが理想的だと私は思います。

是非、この記事を参考にしてキャリアアップを有利に進めていってほしいです。

ではまた、別の記事でお会いしましょう。

 

人気記事選現役フリーSEのエージェントの使い方【複数登録のメリットも解説】

人気記事98%以上が失敗しない24歳からのIT転職【おススメ資格も解説】

人気記事現役SE解説する95%が挫折しないプログラミングスクールの選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です