転職に失敗している方向け!30代からのエンジニア転職!未経験転職希望者が捨てるべきこだわりは?

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニアのWATARUです。

お悩みさん

・30代からエンジニア転職ってどうなの?

・理想とする生活や仕事環境は手に入る?

という悩みを解決するための記事となっております。

先日こんなツイートをしました!

今回はこのツイートについて色々と深堀できればと思います。

現在、私はエージェントとしても活動していますので実例をもって色々と解説します!

友だち追加

30代からのエンジニア転職どうなの?

えっ?めちゃめちゃハードル高いですよ。

なぜなら、必要とされているターゲットと違う場合がほとんどだからです。

IT業界に転職したい人のITのイメージ聞いてみると

「コミュニ力なくても行ける」「PC好きなら行ける」「オタクみたいな人ができているから俺にもできそう」

なんてことを聞きます。

言語道断エンジニア転職は戦略を立てないととてもハードルが高い物となります。

必要とされている人種:若手

察しが良い方は気づいているとは思いますが、現在IT業界は致命的なほど人材が不足しております。

最近までは需要と供給の関係上「できるエンジニアを雇う」というのが主流だったのですが

そんな事を言っていられない状況になっており、企業がエンジニアを「育てる」という事をやり始めています。

その場合は頭が固い30代よりかは吸収力があり伸びしろがある若手が優遇されます

 

必要とされている人種:コミュ力が高い人

次にコミュニケーション能力です。

スキルがない場合は大体、年齢とコミュ力が採用基準です。

エンジニアはプロジェクトによって色々な方と仕事をしますので、いろいろな方と話しができるコミュ力が必要です。

その場合企業は、コミュ力がある30代とコミュ力がない30代なら前者を選びます。

 

必要とされている人種:向上心がある人

IT業界のトレンドは日々進化しており、5年に一回くらいのぺーズ大きな革命があると言われているほどです。

最近で言えばブロックチェーンの登場や、5Gの登場といったところでしょうか。

ということは一度勉強すれば通用する世界でもないので常に勉強が必要なのです。

 

転職するにはどうしたらいいの?

色々あるけど、まずは・・・

「こだわりを捨てる事です」

 

色々な相談を受けると、エンジニアになりたい人は色々なこだわりがあってですね・・・

例えるとAVを見すぎた童〇と同じような思考回路になっています。

 

例>

・元受企業でないと嫌だ

・フロント系をやっている企業じゃなきゃ嫌だ

・SESでないと嫌だ

・給与が安いと嫌だ

 

上記の条件を保持した上で転職活動をするのであれば、転職成功率は”限りなく低くなる”と思っていてください。

※上記で書いた必要条件を満たしていれば別です。

 

捨てるべきこだわり:元受限定&SES以外

SI企業でも受託企業でも大きな会社をお客様として抱えている企業は給料や待遇が良い分、優秀な人材が集まりやすいです。

大学生であれば:MARCH以上

中途であれば:経験としてマネジメントクラス以上

などなど

なので、良い企業はまず30代で未経験は雇わないという事を知っておきましょう

逆に受託をしているのに大きなエンドとの契約がないなどの場合は将来的に不安な企業も多くありますので注視が必要です。

 

捨てるべきこだわり:スキル限定

次に多いのがスキル限定です。

「ruby on rails」じゃなきゃ嫌だ

「python」じゃなきゃ嫌だ

正直、未経験の段階で上記のこだわりを持つのはナンセンスです。

今の日本のIT市場では「経験のあるエンジニア」が不足しているので、まずは1年経験を積むことだけを考えて企業を選ぶべきです。

 

捨てるべきこだわり:給与

〇〇万円以上でなければ嫌だ。

これは、家庭を持っている場合はしょうがない場合もありますが。

企業というのはそんなに優しい生き物でもないので、「なら、いらない」となるわけです。

正直、エンジニアとして所得が低いのは最初の一年くらいなので、家族と相談してどこまで耐えられるのか計算して

給与はぎりぎり生活できるくらいまでハードルを下げるほうが良いかもしれません。

 

こだわりを捨てた先にまっている物

実は上記のこだわりを捨てるだけで「エンジニアとしてとてつもないほどの利を得る」ことができるんです

自分の立ち位置を理解して、本当に捨ててはいけないこだわりだけ残し、その他は捨てて「最高の利」を手に入れましょう。

 

一年後以降にまっている:高所得

私の経験をもとにすると、一年目はフリーランスとして25万(年収300万)程度の所得でしたが

2年目には36万(年収430万)

3年目には50万(年収600万)

となっています、それ以降の職については想像にお任せ致します。

それを基に想定すると

 

サラリーマンとして

1年目:手取り月収17万

↓フリーランス転向

2年目:月収36万

 

という事も可能ですよね。

 

一年後以降にまっている:スキルチェンジ

一次的に所得は落ちてしまいますが

IT業界の経験さえあれば自分が勉強したいスキルに転向することも可能です。

またこれにはちゃんとした戦略で所得を落とさないでスキルチェンジをする方法もありますので自分の理想とする仕事をすることが可能です。

 

まとめ:こだわりさえ捨てれば転職は可能

30代のIT転職のキーは「無駄なこだわり」です。

このこだわりを捨てるという投資をして最終的に「大きな利益」を一緒に取りに行けたらと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です