エンジニアこそ投資をしよう! 私がやっている投資を公開します

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニア×エージェントのWATARUです。

お悩みさん

・年金問題で将来のお金が不安

・フリーランスになったものの将来的なお金が不安

・エンジニアに向いている資産運用ってなんだろう?

という悩みを解決するための記事となっております。

 

私はもともと、投資関連の会社のスタートアップに関わっていたこともあり

資産運用の大切さを知っていると同時にフリーランスエンジニアの強みを生かして資産運用を行っております。

この記事では今あなたが悩んでいる、エンジニアとしての資産運用について明確に何がおススメなのか?また、投資をしないことによるリスクを解説していきます。

この記事を読んだらまず月1万円でも良いので、簡単な投資を始めてみましょう分からないことがあれば、私のline@で質問してくださいね♪

友だち追加

 

フリーランスエンジニアが投資をやる理由

そもそも投資をやらなくてはいけない理由とはなんでしょうか?

最近では「老後2000万円問題」が発覚し、私も友人からたくさん相談を受けております。

冷静に考えて20歳~60歳の間で2000万円貯蓄するためには毎月41,667円が必要になります

また、これは貯蓄を始めるのが遅ければ遅いほど負荷がかかります。

そこで思うのが「もう詰んでんじゃね?」という事です。

まぁそもそも2000万円問題はいろいろと誤解がある発表なのですが今回は、投資をやらなくてはいけない理由として以下の項目で解説していきます。

・昔の預金と今の預金

 

・労働収入には限界がある

 

・投資でお金に働いてもらう事ができる

昔の預金と今の預金

実は、昔は皆さん知らず知らずのうちに資産運用はしていたんです。

1990年頃の預貯金の金利は最高水準にあり、利回りにして8~9%を超えるものがありました

という事は、1000万円の預金をしていれば知らない間に毎年80万程度のお金が増えていたのです

昔は預金だけしていれば「寝ててもお金は増えていく」時代だったのです。

では現在はいかがでしょう?


引用:みずほ銀行

これを見ると、銀行に預けていても全く意味がないことが分かりますよね。

労働収入には限界がある

また現在あなたが、20代の場合はバリバリ働けているので問題ありませんが、今から40年後バリバリ働けているという保証はありますか?

確かに、保険などがあってある程度の生活はできるかもしれませんが、保険でもカバーできない病気だった場合はどうでしょう?

補助金を受けながら最低限の生活しかできないそんな未来が待っているかもしれません。

なので、私達には「お金に働いてもらう」必要があるのです。

投資でお金に働いてもらう事ができる

「投資は一種のギャンブル」と考えている方が今でもいるようです。

しかし、投資はギャンブルではありません。投資とは

投資とは、目の前でお金を投じることで将来それ以上の利益になって返ってくるのを期待する行為

引用:【FP監修】いまさら聞けない!投資とは?簡単にわかりやすく解説します

を指している為、ある程度の利益になることが分かっている物で、リスク(変動)があるものを対象としています。

投資をすることにより、配当、売却益、優待など様々な形で利益を上げることが可能です。

なので、リスクはありますが、しっかり知識を入れれば0になることはほぼありませんし、お金が自分が持っている24時間以外の時間でお金を稼いできてくれるそんな状態を作ることが可能です。

投資をした先の未来とは?

上記の章から、「投資をしなければいけない理由」を理解して頂けたと思っております。

では、明確に投資をしたらどうなるのか?投資をしなかったらどうなるのか?

を説明させていただきます。

今回の設定は20歳から60歳まで2万円の積み立てをした場合です。

運用設定は平均の5.7%を採用しました!

参考は大和証券様

・20歳から60歳まで投資をしなかった場合

 

・20歳から60歳まで投資をしてた場合

20歳から60歳まで投資をしなかった場合

20歳から60歳までタンス貯金をした場合の結果がこちらです。

貯金額:960万円

ちゃんと、貯金できてますね!

しかしこれをみて「え?毎月2万で960万しかたまんないの?」となる方は多いのではないのでしょうか?

これか貯金の現実です。今こそ自分の将来計画を見直すチャンスですね。

20歳から60歳まで投資をしてた場合

20歳から60歳まで毎月2万円を5.7%で運用した場合の結果がこちらです。

元本:960万円

運用利益含む金額:3673万円

すばらしい結果ですよね

これは960万円のお金達が2700万円のお金を稼いでくれた結果となります。

毎月この2万円を投資にあてることができれば、年金問題は解決してしまうのです。

私が行っている資産運用

この章では私がやっている投資を紹介したいと思いますが、色々やっているので初心者はこれだけはやっておいた方が良いという物を今回解説します。

今後、別の記事でこれから紹介する投資についても細かく紹介していくので今回は

概要だけ紹介いたします。

・NISA

 

・ideco

NISA

NISAは少額投資非課税制度の事を指し、投資によって得られた利益が非課税になるという制度です。

要は本来、利益が上がった分だけ「所得税+住民税+復興特別所得税」がかかるのですが、NISAで得られてた利益に対しては税金とらないよ~

という制度になります。

NISAには一般NISAと積み立てNISAがあり、私がやっているNISAは「積み立てNISA」です。

積み立てNISAは年間40万円(月々1000~33333万)のお金を投資することができそれを20年間積み立てることができます。

「800万円の投資には税金とらないよ」という制度を利用して投資をしています。

ideco

ideco(個人型確定拠出年金)といい、国が「よりゆとりある生活の為に2番目の年金を自分達で作ってくださいね~」って作った制度になります。

idecoのメリットはなんと言っても

・掛け金が全額「所得控除」され、毎年税金が戻ってくる

・得られた利益に税金がかからない

・運用資産は「退職所得控除」「公的年金等控除」で受け取れる

という点になります。

運用利益にお金がかからないし、節税にもなる、かなりおススメの投資です。

ですがデメリットとして60歳までは受け取りができないという点があります。

もしものお金はちゃんと別で貯金をしておくことをおススメします。

 

まとめ:わからなければNISAとiDeCoをやっておこう

この記事を通して、投資の大切さを理解して頂けたと思います。

フリーランスの方もサラリーマンの方も、将来的に通常年金だけでは苦しい生活が待っています

一種の保険として国民年金を利用できればそれが理想ですよね!

是非、この機会にNISAやiDecoについて調べてみてはいかがでしょうか?

感想やサポート依頼については、LINE@で募集しております!

この記事があなたの投資を始めるきっかけになれば幸いです。

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です