ITエンジニアとして考える「5G時代を生きる」について

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニア×エージェントのWATARUです。

お悩みさん

・5Gってなんだ?

・5Gを使うとどんなことができるのか?

・5Gに向けて勉強しておくべきことって?

という、最新情報を解説する記事となっております。

私も5Gに向けて色々勉強している最中ですが、調査した結果”これは勉強しておいた方が良い”という物をがわかってきました。

今回の記事では、その私が調査した結果「5Gとは?」から「今から勉強しておくべきことは?」についてまでを解説しております!

駆け出しエンジニア向けに内容を解説しますので、この機会に色々と知っていただければと思います!

 

5Gってなんだ?

この章では、まだ認識の浅い5Gとは?という事に解説していきます。

各キャリアが5G戦線に乗り出す中で基本情報を理解するのはとても役に立ちますので、是非しっかり落としこんでいくといいと思います。

この章で解説するのは以下の内容になります。

・Gってどういう意味?

 

・5Gが実現させるものとは?

 

 

Gってどういう意味?

普段、皆さんが何気なく使っている「~G」ですが

実はこのGについて詳しく知っている方はあまりいないというのが私の認識です。

Gとは? = Generation(世代)の略称

IT業界での日本語の正式名称しては「第〇次世代移動通信システム」を意味します。

 

5Gが実現させる物とは?

では5Gではどういったことが可能になるのでしょうか?

5Gで定義されているのは以下です。

・高速・大容量データ通信

 

・大量端末の接続

 

・超低遅延・超高信頼性

4Gから5Gに移行することで、通信速度は役20倍、通信遅延は10分の1、同時接続数は10倍に向上する予定です。

また、上記が実現できることで今まで出てこなかったサービスが続々と出てくることでしょう。

 

これから来るIT分野とは?

5Gが最近注目されており、かつどんなことができるようになるのかはざっくり理解できました。

しかし、5Gでできる事が増えたとして、世の中のITエンジニアはどのように波に乗っていけばいいのか?

この章では、どんな5Gによってどんな分野が発展していくのかを解説していきます。

<発展していきそうな分野>

・AI

・VR/AR

・動画

・IOT

・クラウド

AI

AIの分野については現在、AIの学習について4G通信規格の場合はタイムラグがあります。

5Gになることにより、リアルタイムに膨大なデータの処理が可能になる為、「交通状況のモニタリング」「証券取引-AIによる売買」「クレジットカードの不正防止」など

適切な判断を迅速に行い、かつ新しいパターンにも順応できる分野については5G環境でのリアルタイム機械学習が有効かつ積極的に採用されてくる可能性が高いです。

 

VR/AR

VRやARについては、かなりわかりやすく業界が変化していきます。

5Gの通信規格が実現できることにより、VRでの会議やARでの広告など大容量な通信をリアルタイムかつ低遅延で実現することが可能になります。

その為、ゲームについてもリアルタイムオンライン対戦などか可能になったり、ビジネスであれば、VR環境に会議室を作りそこで会議が可能になるなど

働き方が変わっていく可能性が高いです。

 

動画

大型の通信が遅延なく行えることで、動画業界などもどんどん変わっていきます。

今までは一画面で見ていた動画も、自由視点が観戦が可能になります。

自由視点が可能になることでレースなどのカメラワークも自分で見たい箇所のカメラに移動して見ることなども可能になります。

また、大型の通信が可能になることで、今まで5分などにまとまっていたyoutube動画も大型の動画も多く制作されていくことが想定されます。

 

IOT

5Gが実現することにより、IOTの業界もどんどん発展していきます。

わかりやすく言えば、「身の回りのあらゆるものがインターネットにつながる」様になっていく

最近の例でいえば無人コンビニだ、5Gが発展していけば、基本的には自分のケータイやスマートウォッチを通して、カメラなどでユーザーが手に取って出た商品を判別し決済が可能になります。

また、車の自動運転の技術も同様の理由で発展していくと想定されます。

 

クラウド

また、上記のサービスを実現する上で、基盤となるインフラの分野ではどんどんクラウド化が進んでいきます。

多くのサービスがSaasなどの形式をとり始め、webを通してサービスを実現する可能性が高いため、必然と需要も高まると想定されます。

 

これから勉強すべき言語とは?

 

5Gで色々なサービスが実現でき、色々な分野が発展していくことは理解して頂けたと思います。

最後にこの章では、発展していく分野に伴い使用される言語について解説していきます。

直接的に、エンジニアがこれからの時代を生きていく為に学ぶべき分野なので是非興味のある方は一度触れてみてはいかがでしょうか?

AI「Python」

 

・VR/AR「Unity,C#」

 

・IOT 「C言語,C++」

 

・クラウド 「AWS,Azuru

今回はいろいろな言語がある中から、その分野で一番スタンダートで振れやすい物を厳選しました。

是非、興味がある方は“ドットインストール”や”youtube”などで解説している方が多いので調べてみてください。

AI「Python」

皆さんも、AIについて調べたことがある方なら聞いたことはあるのではないでしょうか?

私も色々調べてみましたが、AIの分野で一番最初に触れてみるのであれば「Python」がおススメです。

Pythonには機会学習を行う上でのライブラリが多く存在しており、その多くが無料で使えかつシェアが高いことから、オープンソースで多くのライブラリが常に開発、リリースされております。

VR/AR「Unity,C#」

VR/ARについて、現在は多くのソフトやアプリが「Unity」で開発されております。

またUnity上で様々な処理を行う際に用いられるのが「C#」という言語になります。

基本的には、Unity上で何かを動かしたい場合はC#を使う事になるので、一緒に使う物という認識で勉強を進めていくと良いと思います。

IOT 「C言語,C++」

C言語とはプログラミング言語の中でもかなり歴史の長い言語の一つで、知名度も高いです。

また、ゲームきなどのハードを開発する際もこのC言語が使われており、さらに細かい動きなどを設定するのに、C++が採用されているようです。

基本的には、ソフトではなくハードを作成する時に使われる言語なので、IOTの分野で機会に直接的な動作の指示などをする場合はとても有利に働きます。

クラウド 「AWS,Azuru」

最後にクラウドの分野です。

これは、特にプログラミング言語ではないのですが、現在クラウドサーバなどに移行する企業や多く存在しているのと同時に最新のサービスなどはほとんどクラウド環境を利用してインフラ部分は構築されております。

現在はアマゾンが運営する、AWSのシェアが圧倒的に勝っていますが、そのあとに続いてシェアを獲得しているのがマイクロソフトが運営する、Azuruです。

両方ともそれぞれに特徴があるので、気になる方はドキュメントなどを見てみると良いかと思います。

 

まとめ:5GはIT業界に新たなバブルを持ち込んでくれそう!

これから、新しい通信規格が採用されることにより、ITエンジニアの需要はより高まっていくと私は思っております。

また、需要と供給のバランスでエンジニアの報酬に関してもかなり上がっていくと思っています。

現在IT業界には5Gの波が来ようとしており、各大手企業はその波に乗ろうと色々なサービスを準備しています。

是非私達もそんな波に乗ってみようではありませんか!

 

ではでは今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です