【セキュリティ】windowsユーザー必読4月のアップデートには気をつけろ KB4493472

WATARU

こんにちは、フリーランスエンジニア×エージェントのWATARUです。

 

今回は、4月に公開された、windowsセキュリティパッチ(Windowsアップデート)について不具合があるとのことで、その事象について解説していきます。

Windows update 2019 4月について

事象:令和に年号が変わることに伴うpatchにおいて、一部セキュリティソフトとの不具合発生

全体事象:一部のセキュリティソフトとの相性が悪く、Windowsが起動しなくなったり、数分間フリーズしたりする問題が発生している

事例:再起動中90% のところで15分くらい動かなくなった 

 

対処:リセットボタンを押し、強制再起動したら更新処理が進み、無事アップデートできた※リスクあり

事例:Internet Explorer 11からアプリケーションを起動できない場合がある

・音楽や動画が再生されない

 

対処方法:IE11 の設定で [信頼済みサイト] の [保護モードを有効にする] を有効にする

 

手順:

①「ツール」>「インターネットオプション」>「セキュリティ」に移動

②セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください」>「ローカル イントラネット」>「保護モードを有効にする」を選択

③「信頼済みサイト」>「保護モードを有効にする」を選択「OK」を押し、その後IE11を再起動

ElisaRiva / Pixabay

対象PC:Avira社製ソフト・Sophos社製ソフトが入っているPC

今回、事象があるPCのOSは以下の様だ

・Windows7

・Windows8

・Windows10

今回、上記OSをベースとした各OSでも事象が発生しているが、このブログを見ている方が該当すればこの情報で問題ないと思っているので

上記OSのPCを使用している方は、注意が必要だと思われます。

pixelcreatures / Pixabay

 

事前の確認方法

上記の様な事象が発生しているのであれば、事前に上記該当のウィルスセキュリティソフトをアンインストールしておくことをおススメします。

※個人的にはセキュリティソフトをアンインストールするのは本意ではないですが、PCが壊れるよりかはいいと思います。

Winodwsのアプリの削除手順は以下になります。

手順:

① Windows ボタン+R にて=ファイル名を指定して実行

②名前:「appwiz.cpl」を入力

③対象のソフトを選択し、右クリック⇒「アンインストール」

上記手順でアンインストールが完了します。

Windowsのアップデートは特殊な設定をしない限り、「再起動」「シャットダウン」の際に適応が実施されるため、patchのDLが完了している場合については、端末を落とす前にアンインストールを実施することをおススメします。

 

まとめ:再起動とシャットダウンをする前に、自分のPCの状態を確認しよう

今回の事象で私の友人でも「ヒヤッと」した体験をした人が多いようです。

私自身はこの事象が発生していることを確認していたため、対象のセキュリティソフトが入っていないことを確認し、適応を実施しました。

人によっては、PCの中にたくさんの資産情報を入れている方もいると思いますので是非、こういった事象についても気を使ってみてはいかがでしょうか?

geralt / Pixabay

 

今日はこんなところで!


他の記事などもぜひチェックし見てください

限定公開の記事や情報などはLINE@にて受け取れます
また、独立したいエンジニアさんのサポートもLINE@からさせていただいておりますので
ぜひご登録よろしくお願いいたします。

また、記事を書いてくれるブロガーの方と私宛のお仕事大募集です♪

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です